誰にとっても身近な病気です

近年うつ病は増加傾向にあり、およそ73万人もの方が悩んでいると言われています。

うつ病は、女性なら5人に1人、男性なら10人に1人が、一生のうち一度はかかる非常によくある病気です。

「何だかやる気が出ない」
「毎日が憂鬱な気分」
「食事がおいしくない」
「自分はダメな人間だと感じている」
「今まで楽しかったことも楽しくなくなった」
「寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう」

このページをご覧のあなたにも、こんなお悩みはあるのではないでしょうか?

そして、きっと

「もっと明るい気持ちになりたい」
「私らしい笑顔を取り戻したい」

そんな悩みを抱えているのではありませんか?

うつ病は治療の必要な病気です

だれでも日常生活の中で落ち込んだり、憂鬱な気分になることはありますが、

・2週間以上、症状が続いている

・日常生活や、仕事に影響が出ている

という状態であれば、一般的な気分の落ち込みではなく、うつ病の可能性があります。

うつ病は、気力で解決できるものではなく、治療の必要な病気です。

「こころの症状」とともに「からだの症状」も現れます。

こころの症状
・抑うつな気分
・漠然とした不安感 
・あせり
・遠くへ行きたい
・消えてしまいたい
・興味または喜びの喪失
・意欲の低下
・おっくう感
・自分を責める
・会話や本などの内容が頭に入ってこない
からだの症状
・睡眠障害
・食欲の減退
・疲労感
・倦怠感
・動悸、息苦しさ
・口が渇く
・からだの重さや痛み

一般的に病院では、抗不安薬や抗うつ薬、安定剤と呼ばれる種類の薬が処方されます。これらは基本的に「脳」に働きかける薬ですので、効き目が強い分、副作用も強く、薬に対する依存症の問題もあります。

また、うつ病は再発や長期化しやすい病気です。

一般的な抗うつ薬による薬物治療や精神療法により、いったんは回復しても「うつ体質」が改善されない限りは、再発の可能性があります。

「こころ」と「からだ」の両面から改善が必要です

東洋医学には、「こころ」と「からだ」は2つで1つという考え方があります。

うつ病を脳だけの問題と考えるのではなく、こころからだバランスが崩れた状態と考えます。

 

「こころ」と「からだ」はお互いに、密接につながっています。

例えば、イライラが強い場合には、肝臓の働きも過剰になっていることが多く、くよくよ思い悩んでしまう場合には、胃が弱ってることが多くあります。

不安や憂うつなど「こころ」の不調を改善することは、だるさや頭痛、胃痛などの「からだ」の不調を改善することにつながります。

また、「からだ」が健康であることが「こころ」の健康のためにとても大切です。

うつ体質から卒業するために「気(き)」を改善しましょう

気血水のバランスが健康のポイント

東洋医学では、人の身体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで出来ていると考えられています。

気、血、水はそれぞれがバランスを保ちながら、こころとからだの健康を維持しています。

「気(き)」の不調を改善すれば、「こころ」の不調は改善できます

気・血・水の3つのうち、「やる気が出ない」「憂うつな気持ちが続いている」といった不安やうつ状態に最も関係しているのが「気(き)」です。

「気(き)」は生命力、エネルギーそのものです。

気が太陽のように充実し、正常に働いていると、こころもからだも活発で明るく楽しい毎日を過ごせます。

ところが、無理や我慢を重ねたり、過剰なストレスが重なったりすると徐々に気は消耗していき、やがてカチカチの石のようになってしまいます。これでは明るく、伸び伸びとした気分にはなれません。

石のように固くなり動けなくなった「気」を優しくほぐし、消耗した「気」を補ってあげることで、あなたの持つ本来の活発さや明るい気持ちを取り戻すことが出来ます。

不安感やうつ状態の「本当の原因」である気の不調にアプローチするので、繰り返す「うつ体質」から卒業することが出来るのです。

明るく笑顔の毎日を取り戻す方法を手に入れる「オーダーメイド漢方相談」

一言に「うつ」と言っても、その原因や症状は様々です。

一人ひとり顔が違うように、一人ひとり体質も異なります。

世界に一人だけ、大切なあなたにぴったりの解決方法を手に入れることこそが、「うつ体質」を卒業するために大切なことです。

自分にぴったりの方法だから、ちゃんと改善できる!

そのための「オーダーメイド漢方相談」です。

うつ体質を改善し、明るい気持ちを取り戻す
オーダーメイド漢方相談の流れ

1.漢方が初めてでも安心「漢方の基礎知識のお話」

漢方薬とはどのようなものなのですか?
漢方ではどのように不調の原因を見つけるのですか?
どのように改善していくのですか?

安心して治療に取り組んで頂けることを第一に、初めての方でも分かりやすくお話しいたします。

2.世界に一人だけの体質を見抜く「体質チェック」

45個の質問に答えて頂く「体調チェックシート」から、世界に一人、あなただけの体質が見えてきます。普段はあまり気にせずに見過ごしていた「ちょっとした不調」も見つけることができます。さらに東洋医学独自の、舌の様子から内臓の働きをチェックする「舌診(ぜっしん)」も実施しています。ご自宅で舌の様子をチェックする方法もお伝えしますので、日々の健康チェックに役立ちます。

3.不調の「本当の原因」を知ることで、バランス不調を改善できる「五臓(ごぞう)」分析

一般的なお医者さんのとは異なる、東洋医学の視点から、あなたの内臓の調子を分析します。臓器どうしの関わり合いから、もっとも効果的に改善するためのポイントを知ることができます。また、ご自身の弱点を知ることで、生活上の健康のポイントや、気をつけたいポイントを知ることができます。

4.めぐりを改善するための「気血水(きけつすい)」分析

東洋医学の考え方にもとづく、「体をつくっている3要素」が気・血・水です。ご自身の体質や、気血水から診た弱点を知ることで、日々の生活での気をつけたいポイントを知ることができます。

5.全身の不調をまとめて改善するための「五行色体表(ごぎょうしきたいひょう)」分析

せっかくなら体調を丸ごと調子よくしたいですよね?病気じゃないけど、ちょっと気になっていることまで解決するための分析シートです。

うつ体質の改善を具体的にイメージする「体質改善計画」の作成

こころとからだの不調を改善するスケジュールを作成しましょう。体調の変化をイメージすることで、安心して治療に取り組むことが出来ます。

 

以下は漢方薬をご希望される方のみとなります。

 

6.漢方薬の調剤

体質に合った漢方薬をオーダーメイドで調合いたします。出来合いの製品は使わずに、高品質な原料で、お一人分ずつ丁寧に調合するため、高い効果を感じて頂けます。

初回は14日分お出しします。2回目のご注文以降も、その都度体調に合わせて漢方薬を調節して調合いたします。

7.アフターフォロー

漢方薬を服用していて気になることや、体調の変化などお気軽にご相談いただけるため、安心して体質改善に取り組んで頂けます。2回目以降は、お電話やファックスでのご注文もお受けいたしますので、お忙しくて来局が難しい方でも継続して体質改善を進めることができます。

 

よくある質問

Q1.病院でもらう漢方薬とは何が違いますか?

A1.一般的な病院で出される粉状の漢方薬は「エキス剤」と呼ばれるものです。これは工場で煎じ薬を濃縮エキスにし、さらに乾燥させて作られています。当薬局でお出しする漢方薬は、生薬を煮出して服用していただく、本格的な「煎じ薬(せんじやく)」です。煎じ薬は煎じる手間はかかりますが、エキス剤よりも効き目は良いと言われています。

Q2.病院で薬をもらっていますが、漢方薬も飲んでもいいですか?

A2.基本的には問題ありません。ただし、一部のお薬は漢方薬との飲み合わせに問題がありますので、ご来局時にはお薬手帳など薬の内容が分かるものをお持ちください。

Q3.健康保険は使えますか?

A3.健康保険の適応はありません。自費扱いとなります。 薬価(国が定めた保険による薬の価格)の制約を受けないため、保険診療では用いられない高品質な生薬を使用することが出来ます。

Q4.漢方薬は長く飲まないと効果はありませんか?

A4.冷え性やカゼ、ストレスなどで漢方薬を飲み始めて、数日で症状が楽になったという方は多くいらっしゃいます。もちろん本格的な体質改善となりますと、3か月から1年以上かけてじっくりと漢方治療に取り組む必要はありますが、当薬局では皆様に少しでも早く、楽になっていただけるよう「しっかりと効く漢方薬」をお出しするよう心がけております。

Q5.漢方薬はまずいですか?

A5.実際に漢方薬を服用された方からは、「意外と飲みやすかった。」というお声が一番多いです。 もし味が苦手な場合は、お水で薄めたり、オレンジジュースやハチミツを加えたりしても構いません。

Q6.妊娠中でも漢方薬は飲めますか?

A6.妊娠中でも安心して服用できる漢方薬もございます。 しかし、漢方薬といえども妊娠中には適さないお薬もございます。 まずはお気軽にご相談ください。

Q7.授乳中でも漢方薬は飲めますか?

A7.基本的には問題ありませんが、一部のお薬は母乳を通してお子様に影響が出る場合もあります。 当薬局では、お母様とお子様の双方にとって安全性の高い漢方薬をお選びいたします。 お気軽にご相談ください。

 

漢方相談のご予約は下記カレンダーよりお申し込みください。

 

アカウント登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
相談回数を選んでください
相談回数の詳細

ご予約の方法

1. カレンダーでご希望の日にちを選択してください。
2. ご希望の時間を選択してください(黒字の時間帯からお選びください)。
3. お名前、ご連絡先などを入力し、「予約する」ボタンを押してください。
4. ご登録いただいたメールアドレス宛に、確認のメールが届きます。

 

明鏡堂漢方薬局
電話:03-6805-6727
東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103
二子玉川駅より徒歩8分