3か月の赤ちゃんから飲めます

直径2㎜のとても小さな粒のお薬ですので、小さな赤ちゃんでも無理なく飲ませてあげられます。

こんな子におすすめ

◎かんむし(ギャン泣き)
自分の思い通りにならないと、すぐじれて怒ったりキーキー泣く。

◎夜泣き
昼間の外出などで興奮し、夜中に突然泣き出し、なかなか泣き止まない。

◎下痢、消化不良
かぜをひいたり、食べ物が合わなかったりしたときにおなかをこわす。また神経性から下痢になる。

◎食欲不振、胃腸虚弱
生まれつき胃腸の弱い赤ちゃんや、体調が悪いときに食欲がない。

お母さんの育児ストレスにも

かわいいわが子と思っていても、夜泣きやギャン泣き(疳の虫)はけっこうストレスですよね。夜泣きによる睡眠不足や精神不安定によるストレスは、お子さんとお母さま、どちらにとってもいいことではありません。

宇津救命丸は、いわゆる睡眠薬や鎮静剤ではありません。生薬のはたらきで、高ぶった気持ちをリラックスさせ、自律神経を安定させてくれるお薬です。

宇津救命丸はお子さんが泣いてから飲ませるよりも、日頃から飲ませておくことをおすすめします。

 

宇津救命丸のお求め、漢方薬のご相談はお気軽に当薬局までどうぞ。

明鏡堂漢方薬局
電話:03-6805-6727
東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103
二子玉川駅より徒歩8分

お電話で予約・相談 メールで予約・相談

◎宇津救命丸の製品情報◎

商品説明
「宇津救命丸 119粒」は、小児からお飲みいただける生薬配合の小粒錠剤。おだやかな作用の8種類の生薬配合で、内臓諸器官に徐々に作用します。
小児のかんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳はきに。小児にも飲みやすい小粒です。119粒。 

成分・分量
1日量(60粒)中
ジャコウ(麝香)/雄麝香鹿の腺分泌物:1.0mg、ゴオウ(牛黄)/牛の胆嚢結石:9.0mg、レイヨウカク(羚羊角)/羚羊の頭角:30.0mg、ギュウタン(牛胆)/牛の胆汁末:12.0mg、ニンジン(人参)/オタネニンジンの根:110.0mg、オウレン(黄蓮)/黄蓮の根茎:60.0mg、カンゾウ(甘草)/甘草の根茎:60.0mg、チョウジ(丁字)/丁字の花蕾:9.0mg

効能・効果
小児の疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳はき 

用法・用量
いずれも1日3回、食前に服用してください。

年齢:1回服用量:1日服用回数
3ヶ月以上1才未満:3粒:3回
1才以上3才未満:6粒:3回
3才以上5才未満:8粒:3回
5才以上8才未満:10粒:3回
8才以上11才未満:15粒:3回
11才以上15才未満:20粒:3回
3ヶ月未満:服用させないこと

商品区分
第2類医薬品

使用上の注意 
1. 次のお子さまは服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)次の症状のあるお子さま。
はげしい下痢、高熱
2. 次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)ひきつけ、下痢、消化不良、乳はきに5-6回服用しても症状がよくならない場合。
(2)小児の疳、かんむし、夜泣き、食欲不振、胃腸虚弱に1ヶ月服用しても症状がよくならない場合。

保管及び取り扱いの注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。

製造販売元
宇津救命丸株式会社高根沢工場

価格
119粒  950円(税別)