35歳、体外受精などで出産できたのは18%


ART妊娠率・生産率・流産率 2015(日本産科婦人科学会 ARTデータブック2015年版より)

近年の医療の進歩により、これまで授からなかったケースでも高度生殖医療によって授かるケースは増えています。

しかし一方で、日本産婦人科学会のデータによると、ART(体外受精や顕微授精など高度な不妊治療)を受けても、実際に出産までいたる割合は、35歳で18.4%、45歳で0.9%です。

さらに流産率を見ると、35歳では20.1%、40歳では34.6%、45歳では63.2%と、年齢とともに流産率は上がります。年を重ねるほど、妊娠しにくく、流産の可能性が高まります。

なぜ最先端の医療でもこれほど低い出産率なのでしょうか?

妊娠・出産するために大切なこと

妊娠できない本当の理由

なかなか自然妊娠できない方や、病院での不妊治療がうまくいかない方は、受精の確率や治療法だけが問題なのではありません。

本当の原因は「妊娠できる健康な体ではない」ということです。

検査で「異常なし」と言われました・・・

当薬局へ相談にいらっしゃる方のうち、多くの方は病院の検査で「異常なし」と言われています。

なぜ異常がないのに妊娠できないのか分からずに、不安な気持ちを抱えて相談にいらっしゃっています。

ここでポイントとなるのは、

検査で「異常がない」ということと、「妊娠力の高い健康状態」とはイコールではない

ということです。

漢方の妊娠力チェックポイントはここ!

一般的な病院の検査(西洋医学)では、子宮や卵巣を中心に検査が行われます。

一例として、
・女性ホルモンの値
・子宮や卵巣、卵管の形状
・子宮内膜症などの病気の有無
・排卵の状態
などの検査が行われます。

西洋医学の立場は、
異常(病気)がなければ、正常に妊娠できる(はず・・・)
という考え方です。

子宝漢方(東洋医学)では、
妊娠力の高い、健康な状態
を目指していきます。

冷え性や肩こり、だるさ、ストレスなど、病気とは扱われない不調も、妊娠しにくい体質のサインとして捉え、妊娠力を高めるためには改善する必要があると考えます。

例えば、

・冷え性は、妊娠に必要な血(けつ)が足りていない証拠です。
・肩こりは、体全体の血流の悪さが原因であり、子宮への血流も悪い状態です。
・だるさは、気(き)の不足で、妊娠や出産に必要なパワーが足りていない証拠です。
・ストレスは、気持ちだけでなく体全体を固くし、子宮や卵巣も固く緊張してしまいます。

妊娠できない原因(病気)を中心に考える西洋医学に対して、どうしたら妊娠できるようになるか(体質改善)を中心に考えて妊活をすすめるのが東洋医学です。

1つでも当てはまれば妊娠力不足です

□ 冷え性が気になる
□ 手足のほてりが気になる
□ 胃腸が弱く、食が細い
□ 便秘や軟便になりやすい
□ むくみがある
□ 肌の乾燥を感じる
□ だるさを感じる、疲れが抜けない
□ 生理周期が安定しない
□ 生理周期が短い(25日未満)、生理周期が長い(35日以上)
□ 生理痛がある
□ 経血が暗赤色、固まりが混じる
□ 妊活にストレスを感じている
□ 仕事や家庭環境にストレスを感じている
□ 気持ちが安定しない(いらいらする、不安を感じる、あせる)
□ 寝つきが悪い、夜中に目が覚める、熟眠感がない

もっとも大切なことは、

1. 妊娠できる健康な体をつくる 
2. 出産まで赤ちゃんを支え妊娠を継続できる健康な体をつくる 
3. 出産後の育児に耐えられる健康な体をつくる 

つまりは、お母さんになるための、健康な体づくりです。

年齢的にあせりを感じているあなたへ

妊活のポイントは「腎(じん)」

東洋医学では、体の状態を分析する方法に「五臓(ごぞう)」という考え方があります。これは一般的な内臓とは微妙に異なる、東洋医学での内臓の分類です。

肝(かん):自律神経やストレス、生理痛に関係
心(しん):心臓や血流、精神面、小腸に関係
脾(ひ) :食べ物の消化吸収に関係
肺(はい):呼吸や大腸の働きに関係
腎(じん):泌尿器や生殖器に関係

ここで注目すべきは、卵巣や子宮などの生殖器に関係する「腎(じん)」です。

腎(じん)は、「命の工場であり、貯蔵庫である」と考えられており、腎の活力が妊娠力に直結していると考えられています。

35歳からの妊娠は「補腎(ほじん)」が必須です

腎(腎のパワー)は成長とともに増加していき、28歳でピークを迎え、その後は減少していきます。

医学的に高齢出産と呼ばれる35歳以降で妊娠の確率が減少する理由は、年齢とともに妊娠・出産に大切な腎(じん)が減少しているからです。

つまり、35歳以上の不妊治療では、冷えや血流を改善する体質改善に加えて、減少した腎気を補うことが大切なポイントなのです

子宝漢方相談

ご相談の流れ

1.体質チェックのための問診票をご記入いただきます。
2.これまでの妊活のご様子をお伺いします。
3.東洋医学の視点から体質を分析し、ご説明します。
4.子宝を授かるために必要な漢方薬をご説明します。
5.漢方薬を調剤いたします。
6.お薬の飲み方の説明をします。

子宝漢方相談の所要時間は、
・初めてのご相談時  :90分
・2回目以降のご相談時 :20分
となります。

Q.どれくらいの期間飲む必要がありますか?

一般的には半年から1年は漢方薬を服用していただく必要があります。
なかには2年以上あきらめずに漢方薬を飲み続けた結果、子宝に恵まれた方もおられます。

高齢だから1日でも早く、というお気持ちにお応えできるようベストな漢方薬のご提案をいたしますが、あせりや不安などのストレスも妊娠力低下の原因となります。

ご自身の健康と向き合い、ゆったりとした気持ちで子宝漢方に取り組んでみましょう。

Q.漢方薬の費用はどれくらいですか?

子宝漢方相談では、一般的な体質改善のご相談に比べて若干費用が異なります。

これは、元気になることを目指すだけではなく、確実に妊娠力を高めていくために、効き目の強い「鹿茸(ロクジョウ)」や「人参(薬用ニンジン)」、「阿膠(アキョウ)」などの高価な生薬を使用する必要があるためです。

●35歳から39歳の方 1か月分 40000円から60000円
●40歳以上の方   1か月分 50000円から70000円

年齢や、体質により、お一人ごとに使用する漢方薬は異なりますので、目安としてお考え下さい。

ご予算にご都合のある方は、ご予算に合わせた漢方薬のご提案も致します。
お気軽にご相談ください。

Q.夫も漢方薬を飲んだほうがいいですか?

東洋医学では、男性の腎のエネルギーと女性の腎のエネルギーが合体して子どもが生まれると考えています。

一般的に妊活や不妊治療では、女性側の問題ばかりに目が行きがちですが、下記のような状況があればご夫婦での漢方薬の服用をお勧めしています。

□ 病院で男性不妊と診断されている。
□ 正常な精子の数や、運動量が低下していると診断されている。
□ 性欲が低下している。性交回数が減った。
□ 勃起力の低下や、精液量の減少。
□ 年齢が40歳以上。
□ 仕事が忙しく、慢性的に疲れている。
□ 仕事や妊活にストレスを感じている。

男性の漢方薬は、1か月分10000円からご用意できます。

ご相談はこちらからお申し込みください

1. カレンダーでご希望の日にちを選択してください。
2. ご希望の時間を選択してください(黒字の時間帯からお選びください)。
3. お名前、ご連絡先などを入力し、「予約する」ボタンを押してください。
4. ご登録いただいたメールアドレス宛に、確認のメールが届きます。

アカウント登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
相談回数を選んでください
相談回数の詳細

明鏡堂漢方薬局
電話:03-6805-6727
東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103
二子玉川駅より徒歩8分