元気が出ない、からだが冷える

腰や足がだるくて力が入らない、耳が聞こえにくい、視力が落ちてきた、トイレが気になる、骨がもろくなってきた、などの加齢に伴う症状を漢方では「腎虚(じんきょ)」と呼びます。生命力や骨や歯の丈夫さ、泌尿器とつながりの深い「腎」が加齢とともに衰えてきている状態です。

加齢に伴う症状に使う漢方薬には、八味地黄丸(ハチミジオウガン)や杞菊地黄丸(コキクジオウガン)、知柏地黄丸(チバクジオウガン)など色々ありますが、海馬補腎丸もその仲間です。海馬補腎丸の名前の通り「腎を補う」薬です。

腎を補う薬の中でも海馬補腎丸は、
・顔色が白い
・元気がない
・気力がない
・手足や腰、おなかに冷えを感じる
・尿の回数が多い、量が多い
などの腎陽虚(じんようきょ)と呼ばれる状態にとくにおすすめのお薬です。

※腎陽虚(じんようきょ)は腎虚(じんきょ)が進み、からだを温める力も衰えてきた状態を指します。

海馬補腎丸は、植物性の生薬だけでなく、海馬(かいま)や鹿茸(ろくじょう)などのたいへん貴重な動物性の生薬もたくさん入っており、しっかりと腎陽を補ってくれます。

不妊症にも海馬補腎丸

漢方でいう「腎」は生殖と発育に深いかかわりがあります。腎を養うことは妊娠、出産においてとても大切なことです。これは女性側だけのことではなく、男性側においてもとても重要なポイントです。

加齢だけでなくストレスや過労、睡眠不足などでも大切な腎の気は消耗してしまいます。最近では比較的若い30代、40代の方にも腎虚の方が増えてきているように感じます。

・妊娠を希望されている方
・なかなか不妊治療が進まずお悩みの方
・ホルモン剤に抵抗のある方
・男性不妊でお悩みの方

西洋医学では「腎を補う」という考え方がまったくありません。
そこで東洋医学の出番ということです。

妊娠希望、子宝漢方では、からだの様子や生活の状態にあった漢方薬を選ぶことがポイントです。
まずはお話だけでもかまいません。
お気軽にご相談ください。

海馬補腎丸のお求め、漢方薬のご相談はお気軽に当薬局までどうぞ。

明鏡堂漢方薬局
電話:03-6805-6727
東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103
二子玉川駅より徒歩8分

お電話で予約・相談 メールで予約・相談

◎海馬補腎丸の製品情報◎

製品説明
●この薬は、海馬(タツノオトシゴ)、鹿茸(雄鹿)、ゴウカイ、海狗腎(オットセイの生殖器)などの動物性生薬9種、人参(朝鮮人参)、当帰、地黄等の、植物性生薬10種が配合され、古くから中国では強精、強壮剤の代表な薬として用いられています。

●体を丈夫にし、病気に対する抵抗力をつける滋養強壮の効果があるほか、生殖機能の減退、更年期障害による体質虚弱の改善に優れた効果があります。

効能・効果
滋養強壮、肉体疲労、虚弱体質

用法・用量
次の量を1日2回食前に水又は白湯で服用して下さい。
成人(15歳以上)1回10丸、1日2回
15歳未満は服用しないこと。

成分
成人(15歳以上)1日の服用量20丸中、次の成分を含んでいます。
ニンジン  0.50g  ゴウカイ  0.30g
オウギ   0.25g  タイカ   0.30g
ジオウ   0.25g  ロクジョウ 0.30g
リュウコツ 0.25g  カイクジン 0.25g
サンシュユ 0.15g  トウキ   0.25g
トウニン  0.15g  ロクジン  0.25g
ブクリョウ 0.15g  ロクキン  0.20g
チョウジ  0.10g  ホコツシ  0.15g
クコシ   0.25g  ロジン   0.15g
カイマ   0.50g
添加物として、トウモロコシデンプン、ハチミツ、カッセキを含有します。

<成分に関連する注意>
本剤は天然物(生薬)を用いていますので、丸薬の色や味が多少異なることや、丸薬がくっつくことがあります.

製造販売元
八ツ目製薬株式会社

価格
500丸入(25日分) 11000円(税別)