東方牛黄清心元(とうほうごおうせいしんげん)は今から800年以上前の中国、宋の時代に書かれた『大平恵民和剤局方(たいへいけいみんわざいきょくほう)』という書物に掲載された「牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)」という処方がもとになっています。

貴重な牛黄、麝香、羚羊角を配合

生薬の中でも大変高価で貴重な牛黄(ごおう)、麝香(じゃこう)、羚羊角(れいようかく)が配合されています。東方牛黄清心元は1粒3300円というなかなかのお値段になっていますが、それだけのものが入っているということです。

◎生薬の効能◎
 ・牛黄 :清熱瀉火、解毒、涼血、開竅、定驚
 ・麝香 :開竅、活血、催産
 ・羚羊角:清熱瀉火、解毒、平肝、止痙

体内に過剰にこもった熱を冷まし(清熱)、血流を改善(活血)して血圧を下げ、頭をシャキッとさせる(開竅)という意味です。
頭がぼーっとする、霧がかかったように晴れない、思考力が足りない、閉塞感があるという場合にいいいですね。

日本人向けの処方構成

『太平恵民和剤局方』に収載されている牛黄清心丸をベースにした処方はいくつもありますが、それらの中でも「東方牛黄清心元」は、現代の日本人によく合った処方です。
牛黄、麝香、羚羊角だけでは日本人には作用が強すぎますが、東方牛黄清心元には、これら以外にも植物性の元気を補う生薬や、血や水のめぐりを改善する生薬もしっかり入っていますので、長期に服用していただくことが出来ます。

東方牛黄清心元のお求め、漢方薬のご相談はお気軽に当薬局までどうぞ。

明鏡堂漢方薬局
電話:03-6805-6727
東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103
二子玉川駅より徒歩8分

お電話で予約・相談 メールで予約・相談

◎東方牛黄清心元の製品情報◎

成分・分量
東方牛黄清心元 1丸中
サンヤク 450.0mg、カンゾウ 320.0mg、ニンジン 160.0mg、ホオウ 160.0mg、シンキク 160.0mg、ダイズオウケン 130.0mg、ケイヒ 130.0mg、アキョウ 130.0mg、シャクヤク 110.0mg、バクモンドウ 110.0mg、オウゴン 110.0mg、トウキ 110.0mg、ボウフウ 120.0mg、ビャクジュツ 110.0mg、サイコ 80.0mg、キキョウ 80.0mg、ブクリョウ 84.0mg、センキュウ 180.0mg、ゴオウ 30.0mg、レイヨウカク 215.0mg、リュウノウ 90.0mg、ビャクレン 46.0mg、ショウキョウ 460.mg、ジャコウ 5.0mg、タイソウ 150.0mg

効能・効果
高血圧症に伴う次の諸症:
動悸、手足のしびれ、肩こり、のぼせ、耳鳴り、めまい、頭重感

用法・用量
大人(15才以上)1日1丸、1日2回朝夕1/2丸宛てを服用しやすい大きさに適宜砕き、あるいは噛み砕いて水又は温湯で服用してください。
15才未満は服用しないこと。
(用法・用量に関連する注意)
 (1)用法・用量を厳守してください。

使用上の注意
1.次の人は服用の前に医師または薬剤師に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等をおこしたことがある人
 (4)胃腸の弱い人
 (5)血圧の高い人又は高齢者
 (6)心臓又は腎臓に障害のある人
 (7)むくみのある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次に症状があらわれた場合 
関係部位 症状
消化器 食欲不振、胃部不快感、悪心・嘔吐、下痢
皮ふ  発疹・発赤、かゆみ

まれに下記の重篤な症状を起こすことがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
関係部位 症状
偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる

(2)一ヶ月位服用しても症状がよくならない場合

保管及び取扱い上の注意
1.直射日光に当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり、品質が変わるため)。
4.1丸を分割した残りはプラスチック容器に戻して保管し、早めに服用してください。

販売元
明治製薬株式会社

製造販売元
株式会社栃本天海堂

価格
1丸 3300円(税別)、10丸 33000円(税別)
※10丸は取り寄せとなります。