アトピー性皮膚炎の相談をお受けいたしましたので、ご紹介いたします。

 

30代 男性

子どもの頃から、アトピー体質。

1か月前から、アトピー症状が悪化。

 

これまでは、病院でステロイド塗り薬と、抗ヒスタミン薬を処方されていました。

痒みが出る→ステロイドを使う→炎症が収まる→また痒くなる→またステロイドを使う

ということの繰り返しになっていました。

 

この方の一番の悩みは、

・ステロイドの副作用が怖くて、使いたくない!

・飲み薬は眠くなるから飲みたくない!

ということでした。

西洋薬と漢方薬の違い

西洋薬(漢方薬以外の薬)と漢方薬は、それぞれに特色があります。

「どちらが優れているか?」、とよく聞かれますが、

副作用の心配、という点では漢方薬のほうがいいですね。

 

 

 

この方のアトピー症状の特徴は、

皮膚の乾燥です。

 

皮膚の炎症、これは山火事が起きているイメージです。

消防隊(炎症止めの薬)の活躍で、無事に火を消すことが出来ました。

火が消えた後って、どうなっていますか?

消し炭や、荒れた地面がむき出しですよね。パサパサに乾いていますよね。

 

綺麗な草木を蘇らせるには、どうしたらいいでしょうか?

答えは、綺麗な水と、十分な栄養を与えればいいのです。

炎症で荒れたお肌を治すのも一緒です。

炎症止めだけでは足りません。

きれいな肌を再生するための、気や血、水を補う生薬を配合することがポイントです。

今後の流れ

炎症が全身に出ており、痒みがひどい、ということでしたので、

①しっかり炎症を鎮める漢方薬

②次は皮膚の再生を助ける漢方薬

③その後は再発予防のため、本当の原因である肺と胃腸の弱さを補う漢方薬で体質改善

この流れでアトピー性皮膚炎の改善を目指していきます。

アトピー性皮膚炎の漢方治療

アトピー性皮膚炎は、体質や生活習慣、ストレス、年齢などにより一人ひとり原因は異なります。

アトピーには〇〇湯、という決まった処方はありません。

本当にご自身の症状や、体質に合った漢方薬を服用することが大切ですよ。

体質からしっかり改善していくために、少なくとも3か月、できれば半年~1年以上の長い期間をかけてじっくりと取り組むことをおすすめしております。

アトピー性皮膚炎のご相談はお気軽に当薬局までどうぞ。

明鏡堂漢方薬局

電話:03-6805-6727

東京都世田谷区玉川3-36-12 Mアルカディア103

二子玉川駅より徒歩8分

お電話で予約・相談 メールで予約・相談